※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
マイホーム総括 ハウスメーカー
明日いよいよ引越し。つまり明日は有休取る。このくそ忙しい時にだ。

このくそ忙しい時に、僕らのマイホーム計画について総括を語ろうと思う。
現実逃避ってやつです。
長いし、興味がある人だけにしか楽しくない内容かもしれません。


マイホーム、結果的には建てるのではなく、中古を買うことになってしまった
のだが、あのハウスメーカーや不動産を回ったのは非常に良い経験になったと思う。
伏字にするが、僕らが一度でも関わったハウスメーカーは
遠鉄○ーム、ガイア○ーム、地球民家、アット○ウジング、幸和○ウジング、
常盤○業、など。
ほとんど全国ではない、ローカルメーカーで何の参考にもならないですかね、すみません。

まずガイア。
ガイアは、坪単価とか予算がある程度決まったところで、つまり
いよいよ本格的に家を探し始めて、最初に見学したメーカーだった。
モデルハウスはすごく凝ってて、屋根に植物を使ってたり、
薪ストーブを置いてたりって感じだったから、やりすぎだったのだが、何より
帰りにもらったパンフレットに載ってた「住育」という考え、これに共感した。
住む所の間取りや環境を整えることが、家族の和を育む、という考え。
玄関に入ってすぐ階段があり鍵付のドアに子供部屋、これよりも、
階段にはリビングを通らないと行けないので必ず親子が一度は顔を
見せる事になる、こっちのほうが良いと思いません?これが住育の基本。
ただ、それ以降行くことはなかった。
次遠鉄。
浜松では知らぬ人はいない企業の遠鉄グループ。しかし、現場見学行ってみると
やはり高い模様。普通に注文住宅を依頼しようとすると完全に予算オーバーぽい。
リーズナブルなプランのほうは、逆にしょぼすぎた。悪い見本をみた。
次地球民家。
変な名前の工務店。建物もすごく個性的。地球民家でググってみれば分かると思う。
基本的に梁とかむきだしで、配線もむきだし。あまり部屋と部屋をしきったり
せずオープンスペースという考え。これはこれで参考になったし、建築材料となる
木材の知識も得る事が出来た。また、逆に僕らは完全にオープンなのは、やだね、と
結論付けられた。
次アット。
浜松では聞き覚えがあるCMのメーカーてことで立ち寄ってみた。一応全国にある。
ちょうど値段と装備が僕らの希望に合ってるかなと思った。
外断熱という最近えらくポピュラーな考え方をここで初めて知る。
営業の女の子もがっついてないというか、ナチュラルな感じでここは最終的に候補に残った。
次幸和。
アットと同じくよく聞くCMのメーカー。ちょうどモデルハウスが結構好感持てて
営業さんもしっかり受け答えてくれる感じ。アットと同様、ちょうど自分のスタイルに
近いメーカーかなと候補に残した。
次常盤。
工務店も気になってたので現場見学行ってみた。
なかなか悪くなかった。ただ、工務店という割には全然ハウスメーカー然としてた。
細かい要望に答えてくれそう、という感覚はあったし、工務店は自社で大工さんを
持ってるってのが結構大きいかもと思った。逆にこれで、前述のハウスメーカーは
施工は大丈夫か、と気にするいい機会だった。なんとなく候補には残してたが、
それ以降向こうからの営業がなく、次第に忘れてった感じ。

てことで、アットと幸和の2社を軸に進めてた。
アットは店長が営業的手腕を行ってきた。つまり、ある条件で、格安で上位ランクの
家を建てる方法を提示してきたの。その条件とは、家が建つ途中を現場見学会として
提供させてほしいというやつ。我が家が広告塔の役割をしたり、社報にインタビューを
載せたり、そういうのに協力してくれれば、との事。これは悪い話ではないと思った。
現場見学会として使われるって事は、大工もそれなりに気を使うはず、欠陥住宅など
を作りづらいのでは?と思った。何より、かなり理想的な金額を出してくれた。
もっとも、「明日までに手付金10万を払って仮契約してくれ」ればの話しだったので
あまりに話がうますぎて、すげー悩んだ。でも、契約を破棄しても金は戻ってくる
という事で、何も損はないという書面ももらったので、仮契約を実は済ませた。10万。

そうなると、幸和のほうは、非常に装備が貧弱に見えてきた。
キッチンもしょぼい、ガラスは一部しかペアガラスでない、ALC工法に対して
サイディング、ドアの選択肢も少ない、屋根も瓦とカラーベスト、同じ金額で見ると
装備がすげー違う。こりゃあもう、ほとんどアットで決まりかな、と思っていたのだが
幸和の強みは不動産をたくさん持っていることと、営業の活発さ。営業さんが必ず
週1回は連絡をくれ、物件もどんどん提示してくれる。アットはその点、めったに連絡
がない。

ある日、ネットでアットについて調べたんだけど、某掲示板では、非常に悪い
評判が書かれていた。すごく不安になったけど、よくよく読んで、その後も営業さん
と会って別の現場を見せてもらったりしてるうちに、そこまで悪い事はなさそうだ
と思った。アットは浜松発のハウスメーカーだから、浜松はそれなりに良いのかも
しれない。ネットで叩かれているのは大抵どっかの地方のアット系。とはいえ、
アットは施工がフランチャイズなので、実際工事が始まったら、監督に頼ること
なく、自分たちでしっかり監査する必要があるかもしれない。

そうこうするうち、父の友人が今回の物件の話をしてくれ、中古で決まったのだが、
それでお断りの電話を双方にした。幸和さんは、非常にショックがっていた。
まああれだけ頑張っていたからなあ。アットはその点、あ、そうですか、で
終わり。その後、翌日お邪魔しても良いですか?と聞かれたので、覚悟していた
のだが、やはりそこでも、理由などあまり聞かれず、仮契約のお金の返還は
だいぶ後になってしまうという話だけ。本当にお金返ってくるか不安だ。

くどくど書いたが、
ともかく、お付き合いしたメーカーさん、どこもそんなに悪い人はいなかった。
そういう付き合いができただけでも面白かったな、と思ってしまうのは
人がよすぎでしょうか??
[PR]
by kengocky | 2006-04-26 11:41 | マイホーム


<< 祭りのあと 24血液型 >>