※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
いいゲーム:コールモンスターシリーズ
コールモンスターシリーズ
b0030690_11484219.png

非常に面白いアイデアのゲーム。
ジャンルはRPGのように見えて、実はパズルだったりする。
起動するとシンプルかつなかなか味わいある画面が出てきて、パスワードを入れるマスが5つある。

上の1つは場所パスワード、残り4つはモンスターパスワードと言い、始めのパスワードはマニュアルに書いてあります。
各場所には決まったモンスターが配置されていてそれを倒すと新しい場所のパスワードが出てくる。
とにかくこのパスワードを見つけながら先へと進んでいくゲーム。
最初に使える(つまりパスワードが分かっている)モンスターはたったの2匹。
そのうちの1匹スペルパスを召喚してモンスターと戦うと、倒した時にそのモンスターのパスワードが表示される。

ん~、書くとややこしいなこれ。とにかくやってみれば分かる。
メモをしながら進めていくのはすごく面白い。
メモしないで覚えていようとすると、忘れた時に非常に痛い。

ダウンロードはこちら
フリーゲーム、シェアゲームの製作・公開・ダウンロード uik
uikのソフトは、洗練されててユニークで、他のゲームも大好きです。
また別の機会にレビューしたいと思います。


オススメ度:☆☆☆☆☆
[PR]
# by kengocky | 2012-06-13 11:49 | フリーソフト:いいゲーム
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
いいゲーム:おつかいかもなび
おつかいかもなび
b0030690_1144293.png

プログラムを組む要領でキャラの動きを事前にコマンド操作し、無事目的を果たしてゴールするゲーム。
前に進む、右を向く、x回ループするなど、プログラムを組むかのようにコマンドを組み、「指示終了」を押すとかものラルフ君が動き出す。

ステージによって使えるコマンド数は限られていて最終コマンドまで行くと一番目のコマンドに戻る。
クリアするためには、お店で○○を○個買い、自宅へ戻る事。お店がなければただ自宅に戻れればOK。
エディット機能もありますが、エディットする気なんかないって言う人も、プリセットされてるエディットステージが通常ステージよりもすごく簡単に出来ていて、チュートリアルとして使えます。

プログラムでなんか作ってみたいなあという憧れがある僕には、すっごく面白いゲームです。
まだ全然そういう経験がないので、プログラムは思っていた事と全然違う動きをしてしまったり、まだ脳が付いていきません。
これ、プログラマーにやらせてみたら、何て簡単、とか思うんだろうか?

おつかいかもなびにはxmasバージョンもあり、要は同じなんだけど、演出や、何よりステージが違うものがあるのでやってみたいです。
さらにおつかいの要素がないただの「かもなび」もあり、このプログラムパズルにはまった方はぜひやってみてください。

ダウンロードはこちら
かもとかもとかも
vectorのレビューもあります。
Vector 新着ソフトレビュー 「Kamo-Puzzle おつかいかもなび」 - かもをコントロールしておつかいを成功させる、プログラミング感覚の行動指示パズルゲーム
[PR]
# by kengocky | 2012-06-13 11:45 | フリーソフト:いいゲーム
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
スマホアプリ:青空読手
ビッグコミックスピリッツで連載している「花もて語れ」が斬新で面白い。
朗読を扱った漫画ってところが新鮮で、結構多くの人が読んだ事のある話を
主人公たちの才能を持って朗読すると、こんな深い話が展開される!というような
内容で、これを読むと読書がしたくなる。
Amazon.co.jp: 花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL): 片山 ユキオ: 本
読書の前にまずはこれを読んでみてはいかがでしょう?

今週は、太宰治を取り上げてました。あんまり学生時代から文学を読んでこなかった僕としては
漫画でも出てきたとおり、太宰治っていうと人間失格、自殺した、という事から「暗い」イメージが
あったんですけど、結構短編なんかはユーモアたっぷりなんですって。
へぇ~。読んでみたい。

と、そこでスマホアプリの登場です。
青空読手 - Google Play の Android アプリ

青空読手とは、著作権の消滅した作品やそもそもフリー著作権の作品などを無料で公開している
素晴しいサイト青空文庫の作品を読めるアプリ。
フォントといい、操作感といい、実際に本を読んでる気分になれます。
アプリを閉じる瞬間に「しおり」をはさんでくれるので、次に開いた時に普通に続きから読めるのも
いいですね。

早速太宰治を探してみたら、ありましたありました、短編がたくさん。
しばらく夜は手放せません。
ただし、このアプリ、端末で設定された自動画面オフの機能が解除されてるので、
読んでる途中に寝ちゃうと朝起きた時にスマホの電池がなくなっちゃったりするので、
そこだけ注意です。


青空読手 - Google Play の Android アプリ
[PR]
# by kengocky | 2012-06-13 08:38 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
スマホゲーム:samurai rogue
samurai rogue

b0030690_17552412.png



androidでは今のところ唯一なんじゃないか、純国産で無料のローグライクゲーム。

rogueやった事ある人ならなんのためらいもなく出来るでしょう。
いや、画像がちょっとなんだこれかもしれません、そういう方は左の画面のようにMAPモードのみで遊ぶといいかもしれません。

ローグって何?って方は、トルネコダンジョン、風来のシレン系と言ってわかればOK。
それもわからないという方のために簡単に説明しましょう。

rogueとは、すごく古いRPGで、ひたすらダンジョンを攻略しながら下へ下へと下っていくゲーム。
マップはプレイするたびに変わります。当然アイテムも変わります。
運がよければ最初から強い装備を見つけることもあるし、悪ければずっと丸腰で進めなければならない、この運に左右される感がなかなか楽しいのです。
アイテムも薬や杖は、使ってみるか鑑定するアイテムを使わないと効果が分からない。
あと敵は、自分が一歩動くと相手も一歩(敵によっては2歩とかもある)動く、シミュレーションゲームのような感じ、逆に言うとこっちが動かないでいれば相手も襲ってくる事はないので、特にこういうスマホのような端末には非常に向いてるゲームです。
やってるうちにパズルゲームのように思えてくる事もあります。

見た目がすごく地味ですが、やってるうちに本当に冒険してる気になる、古きよきゲームシステムです。
本当はangbandやnethackというrogueをパワーアップしたゲームを早くandroidで遊びたいですけど、
今のところ英語版だったり、それもすごく操作しにくかったりで、スマホで遊ぶにはちょっとストレス貯まっちゃうんだよね。
rogueの面白さが分かった方は、まずはPC版のangbandあたりを遊んでみてください。
Roguelike Game Links
このサイトでまずはjangbandあたりがおすすめ。
操作覚えるまではすんげー大変だけど、分かってくるとすんごく楽しい。


Samurai Rogue - Google Play の Android アプリ
[PR]
# by kengocky | 2012-05-31 17:58 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
スマホゲーム:slitherlink
androidゲームアプリの紹介です。
b0030690_1703912.gif

今回紹介するのは「slitherlink」
前回の「touch the numbers」同様の地味というかシンプルなゲームです。

画面の数字をヒントに一筆書きの線を作るゲーム。
たとえば「0」と書いてある周りには線が引かれてはいけません。
「3」と書いてある周りは3本ぴったり線が引かれます。
何も書いてないところは何でも良し。引いても引かなくてもよし。

たったこれだけのルールで、なんつーか、あんまり使った事のない部分の脳を使います。

マインスイーパと何かを足したような感じなんですけど、大きく違うのは、時に大胆にイメージする必要があるって事。
マインスイーパなどのように、じっくりじっくり攻めて、間違いなくここは大丈夫、とやって行ってもいいけど、目標タイムには届かないでしょう。
ある程度数字の書いてある部分をきっちり線出ししておき、そこからは
全体をどーんと見て全体像を想像できるかどうかでスピードが変わってきます。
ここが脳をカチッと切り替える感じで地味に面白い。

数字からどうやって線を引いていくかは、メニューからtutorialを参照し、しっかり英語を読んでやってみればできるはず。
実はこれが理解できるかが一番の難関だったりして(笑)
もし読めたとしても、hardなどはこのセオリーが通じなかったりします。(はなっから0のマスがない)

さらにこのゲーム、画面では六角形(honeycomb)ですが、四角形や他の形のモードもあります。
これがまた難しい。なんせ、さっきのチュートリアルは全く意味を成さなくなりますから。

てことで、セオリーを探す所から始めるので、大変です。が、やりがいありまくり。
でも地味。

ダウンロード先googleplay「slitherlink free」
[PR]
# by kengocky | 2012-05-11 17:03 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
スマホゲーム:touch the numbers
android用のゲームを紹介。
b0030690_17102220.png

まずはこれ、「touch the numbers」
これはiphoneで非常に人気のアプリで、やり方はとっても簡単。
スタートしたら1から順に25までタップするだけ。そのタイムを競います。
なんとなくあのポウポウとした消え方が気持ちいい。
ちょっと集中力が出るとガンガンスコアが伸びるし、ちょっと疲れると途端に落ちる。
いわゆる周辺視野の鍛錬にも使えていいっす。

まずは10秒切れるように頑張りましょう。
ランキングを見ると、デタラメに速い人がいて、きっとインチキをしてるんだと思うかもしれませんが
下の動画を見ると、本気で早い人っているんだなあと感心してしまいます。
ここまでいければニュータイプかもしんないっす。

youtube動画:Touch The Numbers 3.988s
ダウンロード先:googleplay「touch the numbers」
[PR]
# by kengocky | 2012-05-10 17:15 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
お気に入りアプリ「maxthon mobile browser」
※僕のスマホは、docomo Xperia acroHDです。

android標準のブラウザは、なんだか遅い。てことで今使ってるのが
maxthon mobile browserです。

長所
起動が速い、タブブラウザである、戻るも進むもやたら速い、ジェスチャが使える。

短所
時々何の前触れもなく落ちる。メニューがみんな英語。ジェスチャが変更できない

とにかくね、速いっすわ。
戻る、進むは多分再読み込みせずに、キャッシュをそのまま参照してるのかな、異様に早いです。
これがなんと言っても最大の特徴でしょう。
もしかしたら、古いスマホの人ほど実感できるんじゃないだろうか??
ジェスチャはね、ぜんぜん覚えてないけどアルファベットのCの字になぞるとタブを閉じれる。
メニューは全部英語だけど、ま、そんなにいじる必要ないし、平気でしょう。

問題は時々落ちる事。特にモバゲーとかflash多用のサイトで突然落ちる事が多いかも。
でも普通にブラウジングしてて落ちたことは今のところほとんどないから、いいんじゃないかな。

さてさて、このブラウザ使うときは、ほんのちょっとオプションをいじったほうがいいです。
まずジェスチャを使う人は、メニューから「options」を開き、browser settingsの
「gesture settings」で「enable gesture」を選びましょう。
これで、ブラウザ画面をなぞると薄く黄色く線が引かれます。すぐ消えちゃうけど。
この黄色い線で、指定した形を作るとジェスチャがかかります。
メニュー開いて「other」→「help」を見ると幾つかのジェスチャが書いてあります。

あと、flashが初期状態はoffになってるのでメニュー「options」→「browser setteings」で
「Flash on demand」を「always on」にしましょう。

なぜかあまり利用者を聞かないこのブラウザ、もっと使って良いアプリだとおもうけどなあ。

google play-「maxthon mobile browser」
[PR]
# by kengocky | 2012-05-09 17:37 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
SPモードメールアプリがいや
acroHDは、やはりデュアルコアやメモリの多さの恩恵で今のところ何を入れても
重いとか、モッサリ感はほとんど感じないっす。
さすがacroHDだなあなんて、また魅力を再認識しちゃうところですが、
docomoのSPモードメール、これだけはもっさりが激しい。
docomoはこのままで良いと思っているんだろうか。AUとかのメールアプリを知らないので
何ともいえないけど、下手すればこれが理由でauのacroHDにする人もいるかもしれない。

SPモードメールアプリの困った点は3つ。

1.メール着信音をグループごとに設定できない。
2.受信したメールを開いている状態でフリックすると次の(または前の)メールに移る事が出来る
んだけど、それがとんでもなくもっさり。
3.何か他のメールを観ている状態で新しいメールが受信されたとき、
「受信メールフォルダを表示しますか?」と出るにもかかわらず、「はい」を押してもそれまで観ていた
メールの画面に映ってしまう。

1はね、今までそういう使い方をしてきた僕には結構大きい。3のヤツもあるので、せめてメールが何系
のメールなのか、音で判断したい。たとえば広告とかあんまり急いでみる必要がないメールには
あんまり気付かない系の着信音、あとは妻からとか、高校の同級生とか、それぞれグループごとに
着信音を変えられたら、と思うんだけど、今のところこれをroot化せず実現させてくれるアプリはない。

2はま、そんなに不便ではないけどdocomoの開発意欲に疑問を感じるきっかけになった。
だってさあ、他のアプリでこんなにもっさりするのないんだもん。このアプリだけ。
使い勝手とか考えてくれないかなあってほんと残念です。

3はSPモードって、メールを受信すると「○件のメールを受信しました。受信メールフォルダを表示しますか?」
というメッセージが出て、その時バックグラウンドでSPメールモードアプリが起動していない状態なら
ちゃんと受信メールフォルダが表示されるんだけど
たとえば誰かのメール見てますよね。んで、ホームボタンとか押して
他の事してるとしますよね。つまりバックグラウンドでは誰かのメールを開いた状態でおきっぱなしに
なってる。この状態って日常で結構あるとおもうんです。その時にメールを受信して、
「メールフォルダを表示しますか?」に「はい」を押しても、直前に見ていたメールが表示されるんです。
あれ?つって、受信メールフォルダまで戻って初めて、受信されてることを知る。これがわずらわしい。
まあ、逆に言うと、それまでのガラケーのメール機能が優れていて直感的だったって事なんでしょうけど
やっぱしここは日本人特有のメール気質をしっかり理解してもらい、メールの使い勝手がこの機種の
使い勝手を左右する重要なものだという事をdocomoには理解してもらって、
早く優れたメールクライアントに生まれ変わって欲しいなと思います。
[PR]
# by kengocky | 2012-04-26 11:43 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
Xperia acro HD
3月の終わりに携帯をdocomoのxperia acro HDに替え、ついにスマホデビューを果たしました。

約1ヶ月経って、だいぶ分かってきた感じがするのでこれからこのカテゴリで
便利な使い方、アプリなどを書いていこうと思います。

さて、このxperia acroHD(以下acroHD)ですけど、かなり優秀だと思います。
某掲示板やレビューサイトでよく見かけるスマホの欠点をおおむねクリアしてると
思うんだよね。

一番なのは、バッテリー。スマホってバッテリーの減りが早くて一日持たない事もある、なんて
話を聞きますが、まあそれも使用頻度によるんでしょうけど、acroHDはかなり持つほうだと思います。
大容量の1840mAhだけの事はあるかも。
まあ、通勤が電車で、片道1時間くらいスマホ触っていたいって人には1日が限度でしょうけど、
通勤は車だし、日中は昼休みに30分程度しか使わないっていう僕には2日だって持ちます。
昨日はちなみに充電し忘れて50%くらいで出勤し、昼も使わなかったので
帰ってきたら30%くらいだった。もちろん使うほどグングン減っていくので毎日充電する必要は
あると思うけど、これなら今までのガラケーとそんなに変わらない。
xi非対応というのもバッテリーの持ちに貢献してるかもしれません。

逆にバッテリー関連の心配事というと、acroHDはバッテリーが内蔵式で交換が出来ないって事。
これは携帯屋さんに事情を聞くと、どうも特に海外あたりで低品質廉価バッテリーが出回っていて
こいつを使うせいでスマホが壊れたり熱を持ったりするらしく、そこらの危険回避の意味もあると
言ってました。真相は分かりませんが、今後のスマホは内蔵式が増えるはず、とのこと。
でも内蔵式で困ることってなんだと思います?
バッテリーを2個持ちして、一個切れたら交換、てのが出来なくて困る??それはちょっと考え違い。
さっき書いたようにバッテリーの持ちがよいほうだから、
普通に使う人はモバブ(モバイルブースター:充電器)を持てばまかなえる。
充電しながらじゃイヤ、交換したほうがバッテリー満タンでラクじゃん、とか、使用用途的に
そうでなければ困るって人は、内臓型は向かないでしょうけど、一般的にはそう困りません。
それより困るのは、バッテリーを交換しなければならなくなった時、です。
当然今はいいでしょうけど、あと2年経ってみた時に、どれだけバッテリーが劣化しているか。
もし耐えられないほどに劣化してるのであれば、交換するしかない。ところが交換には8925円
かかるとか言われています。
ここはまぁ欠点といえば欠点。ただ、今まで僕はだいたい2年で携帯を替えてきたのですが、
バッテリー交換をした事は今まで一回しかありません。またどうせ、1年半くらいで、
「バッテリー持たねえな」とか言い出し、2年くらいで新しい機種に替えちゃう気もしますので、
あんまり心配はしてないです。2年経ったらどんなスマホ事情になってるかわからんもんね。
え?まだそれ、Xiじゃないの??とかね(笑)

あとハード的には、電源ボタンが固くて押しにくいとか、ホームなどのボタンがソフトキーで押しにくい
とかも言われます。電源ボタンは確かに押しにくい。軽く押したくらいでは反応せず、カチッと押し込む
必要があります。これは慣れじゃないかなあ。他のスマホからの機種変の人は結構いやかもしんない。
僕は初スマホだから、他を知らない分そんなに苦じゃない。押しにくいほうが勝手に開かなくていいし。
ホームボタンがハードキーじゃなくなったのは、今後のandroid4.0がみんなこうなるらしいから
これも慣れ。押した時にバイブするようにしていれば、ちゃんと押した感が分かって、案外苦にならない。

ガラケー機能(赤外線、ワンセグ、オサイフケータイ)がみんな付いてるのは好き好き。
僕はマックとかヤマダ電機とかのかざすクーポン系が必要だったのでオサイフケータイ付きを希望
したけど、ま、そんなに使わないんだよね。赤外線もワンセグも全然使わないし、正直いらんかった
かも。初スマホだし、ガラケーからの乗り換えにはまあちょうどよかったかもなあ。

スマホといえば、アプリ。
つっても、windowsだってこれまで紹介してきたフリーソフトを色々入れてPCを強化していくって
いうのは今までやってきた事で、何を今さらスマホで騒いだりして・・・なんていう愚痴は置いといて。
ともかくアプリを試し、選んで自分のスマホをカスタマイズしていくのは楽しいですね。
これからもこのブログで紹介していこうと思います。
ホームアプリはxperiaホームとドコモホームと選べるけど、xperiaのほうが断然動きがいい。
ただまあ、ドコモもアプリのグループ分けが出来たり、acroHDの性能のおかげで、
言うほどもっさりじゃなかったりということで好き好きかもしれません。他のアプリを使ってもいいけど
僕はまあxperiaホームで今のところ良しとしてます。

ただ、andoroidアプリ全般に言えるんだけど、思ったより完成度が高いものが少ないんだなあって
思いました。そりゃ、同じandoroidといえどメーカーやキャリアによって様々なカスタムをこらしてる
ので、作りにくいんでしょうけど、良いアプリは大抵有料で、その無料版には広告がやたら出て、
もともと無料のものにはあまりよいものが見つからないっていう。windowsばりに良いフリーソフトが
出まくって欲しいなあ。

フリック入力もだいぶ慣れてきたし、楽しく使っています。PCライフがとにかくより便利になった気がする。
[PR]
# by kengocky | 2012-04-26 11:05 | スマホ
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
撮りこんだ画像を管理して、すばやく探す画像管理「picasa」
今日のZIPのデジカメ画像の整理術特集で紹介されていた、
顔認識で画像管理できるソフトは、PICASAです。

これ、googleがリリースしてる無料のソフトなんだけど、すごく高機能で
おすすめです。
僕は画像を取り込むのはpicmv、撮った画像を見るのはpicasaと決めてます。

何がいいって、もちろん顔認識もいいんだけど、タグ管理、これがいいんです。
うちは子供の画像が圧倒的に多いんですが、その中でもたとえば運動会とか
たとえば参観会とか、イベントものがある場合がありますね。
こういうのはいちいちファイル名やフォルダ名を変えるんじゃなく、タグを貼り付けておく
と、あとあと探しやすいです。
あとねえ、うちは、年賀状に使う写真などにも「年賀状素材」とタグ付けています。

いや、その前にスター。
画像を見て、あ、良く撮れてる!って思った写真は片っ端からスターを付けています。
年賀状の素材を選ぶ時はこのスター付きから選べばラクなんです。
といって、結構スター付け忘れる事もあるので、結局画像をみんな見直すことにも
なるんですけど(笑)

他にも画像レタッチ、つまり色んな効果をつけることが出来たりもして、
いわゆるiphoneで人気のinstagramのようにかっこよく画像を編集したり
も簡単に出来ます。「焦点を拡大」が意外と面白い。

picasaは有名で人気のあるソフトなので、色んなサイトで詳しい解説があったりします。

"picasa3"の使い方
Picasa |初心者向け・使い方&ガイド ダウンロード

などなど。

入れて損はないソフトだと思いますよん。
[PR]
# by kengocky | 2012-04-16 14:26 | フリーソフト