※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
セブンネットショッピングの「みんなのクチコミ」が使えそう
ネットを活用してる人は、普段お買い物をする時でさえネットでクチコミを確認
してる人が多いのではないでしょうか?

僕ももちろんそうで、気になる商品があったらまず、googleで検索したり、
価格コムamazonでクチコミを調べたりします。

ただこれ、気になる商品がある程度決まってる時は良くても、
「おすすめなミステリー小説」などのように漠然としてるようなものだと
案外面白い商品に出会えなかったりするんですよね。

そんな時、セブン&アイのセブンネットショッピングのクチコミがリニューアルして
ちょっと面白そうな感じなのを知りました。
みんなのクチコミ
プレスブログさん、いつも情報ありがとうございます。

これね、観れば分かるんですけど、クチコミ人のプロフィールが載ってる、これが新しいんです。
何が?と思うかもしれない。
でも、実際の所、ぼくらって、人を見てクチコミの信頼度を確認してると思いません?
周りでファッションリーダーのような人、ダサダサな人、普通な人といたら、服を買う際に
誰のクチコミをあてにするでしょうか。
ファッションリーダーと言う人もいれば、あれは奇抜すぎるから、普通の人がいいとか
人によってもそこは違うと思うんですね。
音楽や本についても、自分とあまりに年代がかけ離れている人のクチコミには、あまり
乗る気がしないってものです。

この「みんなのクチコミ
」は、クチコミ人の性別、年代、職業、住地域が公表されてるのね。
クチコミしてる人の「人となり」を見て、その意見を参考にする、これが意外と新しい。

また画面左側には「職業別クチコミ」「商品別クチコミ」の欄があるので、例えば職業別で
「IT関係の営業・企画の仕事に携わってる人の、コンピュータ書籍のクチコミ」
なんかを探すことが出来るんです。
なんとなく、より現実的なクチコミが聞けると思えません?
「私がIT業界について初めに勉強した本です。」なんてクチコミが予想できません?

さらに、この「みんなのクチコミ
」、有名芸能人も結構クチコミってくれてるんです。
倖田來未、JOY、TRF、AKBの渡辺麻友、広瀬香美などなど、なかなかの豪華メンバー。
ファンならば、その人のお気に入りを調べる事が出来るってだけで大喜びですね。

twitterやmixiチェックなど、他の流行サイトとの連携ももちろん出来ます。

今のところまだ、クチコミ数も少ないですし、カテゴリも、本、音楽、食品、おもちゃ、など
amazonなどに比べると限定されてる感がありますが、クチコミを書き込むのも簡単ですし
みんなで盛り上げていけるといいですね。

メタルに関してのクチコミが少なかったので、早速僕も、登録してみた。
セブンネットショッピングを利用してればそのIDを、してなければ登録するか、yahooIDでもいける。
で、クチコミ用にもう一回プロフィールを入れるってのが若干手間だが、
あとはショッピングページでクチコミたい商品を探し、クチコミボタンを押すだけ。
コーナー分けも出来るし、僕は漫画とメタルに特化してクチコミすることに決めました。

クチコミどんどん増やそうぜい。
[PR]
by kengocky | 2011-02-08 09:29 | ネット全般
※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
グインサーガの新たな世界
グインサーガって小説を、知ってますか?

本屋さんの文庫コーナーをちょろっとでもチェックしたりする人は一度は表紙を見た事があるはず。
なんせ、130巻(+外伝21巻)にも及び、名実共に世界最長の小説と認定されたこの超長編小説は
2~3ヶ月のペースで刊行されてたんだから。

残念なことに作者栗本薫さんは一昨年5月にお亡くなりになり、未完成のまま終わってしまったのです。

ふと今日、メールが楽天エージェントから来まして、内容を見ると、
栗本薫に関する新着商品が登録されましたって感じでした。
楽天エージェントってのは、要するにキーワードを登録しておくと、それに当てはまる商品が
楽天で発売された時にメールで知らせてくれるというもの。くわしくはこちら

開いてみると、コレでした。

ヒプノスの回廊 (ハヤカワ文庫 JA ク 2-23)

栗本 薫 / 早川書房



うお~、外伝が!!
ただし、ニュースリリースによると
「前夜」(アニメ『グイン・サーガDVD1』アニプレックス2009年3月)
「悪魔大祭」(〈JUNE〉1982年9・11月号 サン出版)
「クリスタル・パレス殺人事件」(『グイン・サーガ・ハンドブック2』早川書房1999年7月)
「アレナ通り十番地の精霊」(『グイン・サーガ・ハンドブック3』早川書房2005年4月)
「ヒプノスの回廊」(『PANDORA』早川書房2006年9月)
「氷惑星の戦士」(〈SFマガジン〉1979年3月号 早川書房)
の短編6編が収録されてるとの事。

過去の「グインサーガハンドブック」とかに収められてたものなどを集めたものなのね。
半分くらいは読んだ事があるやつですけど、これは買わなきゃなあ。

さらにニュースリリースを読むとこんな記事がっ
色んな作家に、グインサーガの世界を使って話を書いてもらうっていうものです。

これについて、色々きっと賛否あるだろうけど、僕は賛成だなあ。
そりゃ、グインサーガの魅力というのは、複雑に絡み合う人間模様ってのもあるんだけど
やっぱしあの世界「中原」にも大きな魅力があるとおもう。
あれほどのリアリティを持った詳細な世界観、もっとみんなで遊んであげたいのです。

まだまだグインサーガは終わりませんですね。楽しみです。
[PR]
by kengocky | 2011-02-04 12:52 | 日々のこと