※スパム対策のため、しばらくの間コメントにはURLが書けない仕様になってます。
ご迷惑掛けます。httpのhを抜くなどすれば書けます。
power tab editorを超えた「TuxGuitar」
窓の杜でこんなソフトを見つけた。
ギター用のタブ譜で入力できるギタリスト向けMIDIシーケンサー「TuxGuitar」


要は、ギター用のタブ譜と呼ばれる楽譜を作れる&作ったタブ譜をMIDIで演奏できるもの
なのだが、この手のソフトでは昔からpower tab editorというフリーソフトがあり
こちらでダウンロードできる。
海外ソフトなのだけど、日本語化も出来る。ここらをご参考に。

このソフトの使い道は実はほかにある。
海外のサイトには、このpowertab形式のファイルがごろごろ転がっているのだ。
洋楽なら相当のファイルが入手できる。
あの高い楽譜を無料で入手できるのだ。

power tab editorはそんなわけで重宝してたんだけど、有料ソフトのguitar proという
ソフトの楽譜のほうがもっとたくさん落ちてる。guitar pro形式だけあって、powertabが
ないことも多々あり、もどかしい思いをしていたんです。

b0030690_11345277.jpgそんな鬱屈を吹き飛ばしてくれたのがこのソフト、TuxGuitar。
なんと、この憧れのguitarpro形式gp3,gp4,gp5形式を読めるのだ。しかもフリー。
これでもう、TAB譜集めまっくりですよ!!(←ギターも弾きなさい)

こんな画面。(←日本語化してます)





ダウンロードはこちらのペンギンをクリックして
b0030690_1135401.jpg

ペンギンかわいいっす。
現バージョン(1.0)のTOP画面は、少しペンギンが変わって
ギターもレスポールを持ってます。

20011.1.24追記 現バージョンは1.2 ペンギンも元に戻りました。なぜだ。





ちなみにTAB探しは
ttp://www.911tabs.com/
ここらで。ポップアップ広告とか多いので、タブブラウザなどで、対策したほうがいいでしょう。


補足1:上のサイトからではダウンロードできないという方の報告がありましたので
別のダウンロード先も書いておきます。

http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=155855

ここから「download」クリックし、windowsだったら、「tuxguitar-1.2-windows-x86-installer.exe 」
をクリック。これでいけますでしょうか。

補足2:JAVAランタイム(JRE)のバージョン5以上
をインストールしてない方は動かないので、確認方法など追記します。

まず、こちらを開いて、「JAVAのバージョン確認」ボタン押してください。
しばらく待つと、最新でない限り
「インストールされている Java のバージョンは Version ○ Update ○ です。
下のボタンをクリックして、お使いのオペレーティングシステムに推奨された Java を
インストールしてください。」

というのが出るはず。そしたら素直に「JAVAソフトウェアを今すぐダウンロード」ボタンを
押して、指示に従ってダウンロード&インストールしてください。

最後にもう一度JAVAのバージョンを確認して、「正常です」が出ればok。

補足3:インストールしても起動に失敗する場合の一例です。
・JAVAが先にインストールされてますか?
windowsの左下「スタート」ボタンから「設定」→「コントロールパネル」を開いて
「JAVA」というのがありますか?
なければ補足2をみてインストール。
あったらそれをダブルクリックして、「基本」タブの製品情報に「バージョン情報」ボタンがある。
これをクリックして、バージョンが5以上である事を確認(2009年1月現在バージョン6です)

・無事インストールしたのに起動できない場合、
インストールしたフォルダに日本語が含まれてませんか?
「c:¥Program files¥ギター譜¥」などとしてたりするとインストールできない場合が
海外ソフトの場合非常に良くあります。M.H.Y(マジで非常に良くあります)。
インストール先を指定せずそのままインストールする事を勧めます。
逆に、普通に指定せずインストールしてんのに、失敗するという人は、
「c:¥tux¥」など簡単でわかりやすい(日本語を使わないように)名前のフォルダを作って
そこにインストールしてみるってのはどうでしょう?
[PR]
by kengocky | 2008-07-28 23:49 | tuxguitar


<< オリンピックをグーグルマップで... Firefox3.0を使い始め... >>